yakedo

私たちの生活には欠かせないのが「火」です。

 

料理をする時にはもちろんの事ですが、

それだけではなく、最近では電気を使って

お湯を沸かしたり、料理をしたり

そんな機会が増えてきました。

 

普段の生活の中には高温になるものが多く

「火傷(やけど)」とはいつも隣り合わせです。

 

気をつけていてもついうっかり

高温の物に触れて火傷をしてしまう事って

よくありますよね。

 

そして火傷の対処法や処置って冷やすだけ?

といつも疑問に思っていたので

今回は水ぶくれになった時の

火傷の正しい対処法や処置の仕方について

調べましたので紹介します。

 

火傷(やけど)の種類と症状

火傷にはその症状によって大きく以下の3つに分かれています。

  1. I度熱傷=火傷をした箇所が赤みを帯びたり、熱を持つ状態
  2. II度熱傷=水ぶくれになる状態。
  3. III度熱傷=表皮・真皮・脂肪までに火傷が達している状態

大きく分けると以上の3つに分けられます。

 

皮膚は表皮・真皮からなっています。

 

真皮とは表皮より深いところにあり、

真皮まで火傷が達すると水ぶくれの症状が出ます。

 

この状態をII度熱傷と言います。

 

II度熱傷にも2種類あり

  • 浅達性II度熱傷
  • 深達性II熱傷

に分けられます。

 

痛みは浅達性II度熱傷の方が強く

治るまでに1週間~2週間程度かかると

言われています。

 

逆に深達性II熱傷は痛みはそんなに感じませんが

治るまでに1ヶ月程度かかると言われており

水ぶくれが引いても皮膚の赤みは消えません。

 

水ぶくれの処置・対処法

ここからは火傷が水ぶくれがに

なってしまった時の処置・対処法を

3つのステップに分けて紹介していきます。

 

ステップ1:素早く流水で冷やす

mizu

流水で冷やすのは定番ですが、

最初の処置として15分~30分程度冷やしてください。

 

直接、火傷した箇所を冷やすのではなく

周辺を冷やすようにしてください。

 

氷水で冷やしても良いですが

冷やし過ぎると今度は「凍傷」

なる恐れがあるので注意してください。

 

衣類が皮膚にくっついている場合は

無理に衣類を剥がすのではなく

そのまま冷やすようにしましょう。

 

ステップ2:清潔なガーゼ等で保護する

火傷した箇所をしっかり冷やしたら

次は清潔なガーゼなどで火傷部分を保護してください。

 

おすすめは「キズパワーパッド」です。

kizu

水ぶくれを潰すと

他の細菌にも感染しやすくなるので

潰さずにキズパワーパッドのような物で

保護するようにしてください。

 

ステップ3:速やかに病院で受診する

水ぶくれになると、後遺症が残る可能性があります。

 

皮膚の引きつりや、火傷の跡が残る事があります。

 

火傷の症状によっては治療の仕方も異なりますし

火傷の症状の診断はお医者さんでも

難しいので、自分で判断しないようにしましょう。

 

自分で適切な処置をしたら

すぐに病院で受診しましょう。

 

終わりに

今回紹介した方法が1番効果がある

自分で出来る火傷の処置・対処法です。

 

ハチミツを塗るとか、水ぶくれは先に潰すとか

色々情報が溢れていますが

自分で判断せず必ず病院で診てもらいましょうね。

 

自分で対処が出来ない火傷の場合、

大きな火傷場合は速やかに救急車を呼び

清潔なシーツやラップなどで皮膚を保護し

適切な処置をするようにしてください。