ペットを飼っている人は普段からダニには気を配っていると思いますがペットがいなくてもダニはいます!ダニのいない家はない!と言っても過言ではない程ダニはどこの家庭にもいるのです。
ダニが原因による鼻炎やアレルギーや喘息などダニが原因となる疾患には4人に1人いるそうです。


今回はダニの生息が多いと言われているものの1つの布団に生息するダニを死滅させる方法をご紹介します。

ダニの弱点

ダニの弱点はなのは皆さんもご存知だと思います。なので晴れた日には布団を外で干したりしていますよね。
実は外に布団を干しただけではダニは死滅していないのです。


それはダニの弱点は熱ですが外に干しただけの温度ではダニは死なないのでダニの駆除の目的としては全く無意味なのです。
ダニが死滅する温度は50度以上と言われており、外に布団を干しただけでは温度が50度に満たない為に無意味になってしまいます。


布団乾燥機




布団乾燥機は手ごろな値段で購入できることや自宅で簡単にできるのでとってもおすすめ!
しかし、少しでも熱が伝わらない部分があるとダニが熱の伝わっていない部分に逃げてしまうので熱を満遍なく加える必要があります。


➀敷布団を敷いてその上に乾燥機を置きます。
➁シートを包み込むように敷布団を折り曲げ
➂掛布団を敷布団にかぶせる



このようにすることで布団に満遍なく熱を加えることが出来るのでダニの逃げ場もなくなり全て死滅させることが出来ます。
布団乾燥機を使用する時間は1時間から1時間半ほどで布団全体が50度以上になります。

コインランドリー




実はコインランドリーの乾燥機ってとっても優秀なんです。それはほとんどのコインランドリーの乾燥機は温度が50度以上になるのでどこのコインランドリーに行っても大丈夫です。
また掛かる時間も30分から1時間ほどと自宅で行うよりも短縮されるので忙しい人にはおすすめです!


この時に同時に枕や布団カバーなど他の寝具類も一緒に乾燥機に入れることも出来るのでコインランドリーの乾燥機は自宅のものよりは時短になってとっても使えますよ!


仕上げ




ダニを熱で死滅させた後には必ず掃除機を使いましょう。布団専用の掃除機がなければ、一般的な掃除機のノズルにストッキングをかぶせて使うと布団を吸い込まずに楽に掃除機をかけられます!


せっかくダニを死滅させてもダニの死がいが布団に残ったままじゃ意味がないので必ず掃除機はかけてください。
掃除機をかける目安は1分ほどで十分です。


またこの一連の作業を三週間に一度行えば布団にダニのいない生活が出来ます!

おわりに

たまに車の上に布団を干している人がいますが、これも50度に満たないので無意味で、コスパ重視したい人は暑い夏場限定の車内で布団を干すのも効果があります。
しかし夏場以外には効果が見込めない為にやはり上記の方法が一番良いと思います。


今まで布団を干してもアレルギーのような症状が緩和されない人や小さいお子さんのいるご家庭など特におすすめなので是非試してみてくださいね!