トイレの掃除はキッチンの油で汚れた換気扇を掃除するのと同じくらい大変なんですよね。


プロの掃除業者もキッチンとトイレの掃除は他の掃除場所よりも値段も若干高めに設定されているほど大変なんです。


その理由として汚れが頑固すぎるので手間が掛かるからなのですが、プロは専用の洗剤を使用していますが一般人の私たちが手軽に手に入れられて尚且つトイレの汚れを落とすのに力を入れずに簡単に落とせる方法をご紹介します!

クエン酸






柑橘類の酸味の原因はクエン酸でその名の通り酸性でトイレの黄ばみ嫌な匂い(アンモニア)に効果があります。


市販のトイレ用の洗剤やキッチン用の洗剤にも柑橘系のものが多いのも理解出来ますよね。


このクエン酸をトイレの汚れの気になる水の溜まっているところなどに振りかけます。この時に気を付けたいのは塩素系のものは混ぜないこと!


クエン酸と塩素系の洗剤などを混ぜてしまうと化学反応を起こして有毒なガスを発生させる恐れがあるので要注意してください。


重曹

重曹はお掃除に使っている方も多いのではないでしょうか?この重曹はアルカリ性で油汚れや焦げ付きに効果がありキッチンのお掃除には重曹が使われることは多いと思います。


この重曹は黄ばみの気になる箇所や便器全体に振りかけます。


その時に注意したいのは、重曹はアルミ製品や天然製品に付いてしまうと変色させてしまう可能性がある為にトイレ内にこのような製品がある場合には注意してくださいね。


重曹とクエン酸が混ざると化学反応がおきて発砲します。その泡に洗浄作用があるので泡が出たらブラシでよく擦り泡を便器全体に広げましょう。


それだけで黄ばみに変化が現れますが、それでも落ちていない場合にはトイレットペーパーでふたをして数時間放置します。


流す




数時間放置した後は流すだけでとっても綺麗になっちゃいます!


もしこの時にあまり効果が見られないようであれば、クエン酸と重曹の量を多めにしてみると良いですよ。クエン酸と重曹をトイレに入れてお仕事に出掛けたりお買い物に出たりして帰宅したら流すだけでトイレが綺麗になるので忙しくてなかなかトイレの掃除に時間を掛けられない方には特におすすめ!


また重曹をトイレのタンク大さじ1杯ほど入れておくとカビの予防にもなり、トイレの水を流す度に重曹も流れるのでいつも綺麗なトイレが続きます。


タンクに重曹を入れる場合には定期的に重曹の補充をしてくださいね。


重曹やクエン酸はドラッグストアでも販売しているので誰にでも手軽に入手出来て更に食品としても使えるアイテムなのでとっても安心して使えます。


ぜひ一度お試ししてみてください!簡単なのでおすすめですよ!