子供の名義の銀行口座は、将来子供に渡してあげたい・子供に掛かる学費などの貯蓄・お年玉などの管理など始めるきっかけは人様々ですが子供の為に親としてなにかしてあげたいと言う気持ちから子供名義の銀行口座を持っている方は
少なくないと思います。


物事なんでもメリットもあればデメリットもあります。子供の銀行口座を作る前にデメリットも把握しておくことはとても大切ですよね。
今回は子供名義の銀行口座のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット




子供は各種お祝いやお年玉など子供へ頂けるお金って成人までの間に凄く多いです。このお金をある程度の年齢になった時に子供に管理させることで金銭感覚の教育につながります。
通帳に記載することで数字が減っていく様子を見て考えてお金を使うようになるといいます。


また活用するには注意事項がいくつかありますが子育てや結婚に必要な資金であれば子供や孫に1000万円まで贈与しても贈与税が掛からないのです。
通常年間に110万円を超える金額を贈与すると贈与税がかかってしまいますがこの制度を活用することで1000万円子供に渡しても贈与税が掛からないのです。
この制度を活用する方法の1つに子供名義の銀行口座にお金を預けることが必要になります。


デメリット




上記でも述べた通り1年間に110万円以上贈与すると贈与税がかかってしまうケースがある為に気を付ける必要があります。


また子供が未成年の間は子供の口座を管理することが可能ですが子供が成人したのちに出金するとき子供の委任状が必要になるなど子供の了承が必要になる場合があります。


子供の口座は入金だけ(貯金)が目的の場合には問題なさそうですが、子供にいざお金を使おうと出金しようとした時に子供が成人していたらそれまでのように自由に出金が出来ないので注意が必要です。


出金するなどの予定もあるのであれば、子供名義の銀行口座は子供が成人したら子供に管理させた方が良いかもしれないですね。


まとめ




子供の名義の銀行口座の一番大きなデメリットは、やはり贈与税ではないでしょうか。せっかく子供の為に貯めたお金を贈与税が掛かってしまうとなんかすごく残念な気分になっちゃいますよね。
その為一番注意したいのは贈与の金額ですね。


また、子供名義の口座をネット銀行で作りたい場合は年齢制限などがあるネット銀行もある為に希望のネット銀行がある場合には開設前に事前に調べておいた方が良いですよ。
ネット銀行なら入金や出金も簡単なので子供の口座が欲しい方も多いと思いますが口座開設にあたって必要書類は各銀行によって異なるので色々と探してみると良いですね。


子供の為の貯蓄は長い年月行う為にその銀行とも長いお付き合いになります。口座を作る銀行のことを調べて知っておくことも大切なことだと思います!